スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

怪我をした時の「合目的性」〈その7〉

2011/03/08 Tue

 皆様、おはこんばんちは。Dr.JINです。


 外国人(在日韓国人)からの違法献金、ということの理由で、前原さん、外務大臣を辞任しちゃいましたが、一つは、さっさと『泥舟』(いや、『空き缶舟』?)から逃げ出したかった、ような気も致します。予想通り、野党は菅総理の任命責任を衝いてきていますね。

 ただ、気になるのは、マスメディアの報道の仕方です。前原さんが昔から知り合いの在日韓国人の方から、小額の献金を受け取っていた、ということを強調していて、さも、ある意味、仕方が無かった、かのような伝え方です。でも、どうやら、外国人からの献金禁止というのは、政治献金の“いろは”らしいですので、同情の余地は無いようです。

 しかも、昨日もお話しした静岡ナンバー絡みの某脱税企業から献金の話は、全く報道がありません。あるとしても、野田さんや蓮舫さんだけ。彼らに紹介したのが、前原さん、だというのに、これは、何故なのでしょうか。一説には、今回の話が出てきたのには、菅総理周辺も絡んでいるとか…。色んな意味がありそうですね。



 さて、前回は、〈その4〉から引き続き、炎症とは何か、について比喩話の謎解きをさせて頂きました。


 今回は、炎症に対して、クスリを使うという事がどういう意味を持つのか、同じ比喩を使って説明していきたいと思います。

 
 前々回に挙げた喩え話をもう一度引用してみます。



 ある大都市で大地震が起きたような状況を考えてみましょう。その場にある建物は当然ながら、かなりの勢いで破壊されており、倒壊しているようなビルもあります。

 地震が起こった街を復興させるためには、壊れた建物を取り除き、そこに新しいしっかりとした建物やビルを造り直さなければなりません。また、道路も整備し直さなければなりません。

 そのためには、いろんな工事が必要になります。そんな工事を行っている最中には、ダンプカーが建築材料を運び込み、ブルドーザー、クレーン車などが動き回りながら、その材料を使って工事を行います。

 その際、工事を行っている周囲では色んな震動が起こったり、騒音を出しています。街を復興させるためには、絶対に必要となる工事ですが、それをやっている場所の周囲に住まれている方にとっては、震動にしろ、雑音にしろ、うるさく嫌なものでしょう。





 前回、震動や騒音は、建築材料をダンプカーに乗せて運んだり、また、その材料を使って、実際に建物を造る段階になると、が出るという話をしました。そして、それが、炎症の4徴(発赤・腫脹・熱感・疼痛)に相当する、ということもお話ししました。


 いわゆる消炎鎮痛剤『痛み止め』などのクスリは、炎症に伴う症状、即ち、炎症の4徴(発赤・腫脹・熱感・疼痛)を抑える、というものです。


 ということは、そのようなクスリは、都会の大地震という比喩の上では、大都市の復興工事に伴う震動や騒音を起こさないようにする、という話になります。そのためには、どうすれば良いでしょうか。

 …そうです。震動を起こしたり、騒音を出したりするような、ダンプカーを走らせないようにしたり、工事機械を働かせたりしなければ、良い訳ですね。

 という訳で、【街を静かに!】なんて住民運動が大々的に起き、その結果、これらの大型車や機械を動かさないようにとなってしまったので、街は、大地震が起きて、その騒ぎが治まった直後と同じくらいに、静かになりました、とさ。メデタシメデタシ…。







 チョット待ッテクダサイ!これって、本当にメデタイことなのでしょうか?確かに、街の中は静かにはなったのかも、知れません。でも、それによって、街の復興工事には不可欠な大型車や機械は動けなくなってしまいました。つまり、街の復興はストップしてしまった、ということですね。そうなると、大地震後の崩壊した建物が放置されている状況が相変わらず続く、ということですね。

 それって、本当に幸せな事なのでしょうか?


 これまで、消炎鎮痛剤』などのクスリってのは、【街を静かに!】という住民運動にあたる、という話をしてきました。このような住民運動が続けば、街の復興計画はストップしてしまいますね。それは、どういう意味になるのでしょうか。そして、他にどんなことが起こる可能性があるのでしょうか。この続きは、次回〈その8〉でお話しさせて頂く事にします。


 では、また。Dr.JINでした。


スポンサーサイト

テーマ : 美容・健康・アンチエイジング
ジャンル : ヘルス・ダイエット

tag : 炎症 消炎鎮痛剤

コメント

Secret

プロフィール

歌い人

Author:歌い人
Dr.JINです。主に、小児科や内科を診ている医師ですが、日常の診療で、薬だけを使うやり方に少々疑問を持っています。

そこで、今回、私自身がお勧めできるような健康情報、例えば、栄養の取り方や日常の過ごし方などを発信していこうと思います。

統合医療・予防医学・アンチエイジング・栄養・ダイエット。
他に、禁煙や医療問題情報などなど、お楽しみに。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング
TopsyのRetweetボタン
お手数ですが、数字の書いてあるボタンを押して、その後出てくるウェブぺージの「tweet」ボタンを押して頂きますようお願いします。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。