スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『佐渡裕指揮 BBCフィルハーモニック with 辻井伸行』に行ってきました

2011/03/10 Thu

 皆様、おはこんばんちは。Dr.JINです。

 昨日、妻と一緒に、『佐渡裕指揮 BBCフィルハーモニック with 辻井伸行』に行きました。

『佐渡裕指揮 BBCフィルハーモニック with 辻井伸行』ポスター


 しかしながら、当日は夕方まで仕事があり、しかも、その後、急患もいらしたので、ウチを出たのがギリギリのタイミング。しかも、会場まで運転している最中に妻から電話が。「30分前の時点で、ほぼ駐車場は満杯」という情報でした。車をとばして、会場に着いたのが、開演予定の10分前。しかし、駐車場へはその時点で長蛇の列が!大ピンチです。。

 妻に再びcall。そうしたら、「何者から、爆弾か何かを仕掛けた、という話があって、そのため、まだ、開場すらしていない」とのこと。何だか良く分からない事態ですが、私にとってはラッキーな状況のようです。

 …ということで、遠くの野球場にある駐車場まで停めに行き、そこから徒歩&駆け足で帰ってきて、再び開場の入り口付近まで辿り着いたのが、開演5分過ぎ。開場の近くには、警察車両が停まっていて何だか物々しい感じです。

『佐渡裕指揮 BBCフィルハーモニック with 辻井伸行』警察車両


 開演時間を過ぎたというのに、会場の入り口にはまだお客さんが溢れております。

『佐渡裕指揮 BBCフィルハーモニック with 辻井伸行』開場前その1

 会場の中に入って、程なく、入場が許可されました。

『佐渡裕指揮 BBCフィルハーモニック with 辻井伸行』その2

 
 その後、定刻より約40~50分遅れで、コンサート開始になりました。最初は、「ベンジャミン・ブリテン:4つの海の間奏曲作品33a」。この曲は、オペラ「ピーター・グライムズ」の間奏曲のようで、このオペラは以前サイトウ・キネン・オーケストラで観たことがあるはず…なのですが、何故か、余り記憶にありませんでした。でも、緩急が激しい曲で、とても楽しめました。あと、指揮の佐渡裕さん、思ったよりスマートな体つきなのが、印象的でした。

 そして、その後に、「ピョートル・チャイコフスキー:ピアノ協奏曲第1番変ロ短調作品23」。この有名な曲で、いよいよあの盲目のピアニストで、2009年のヴァン・クライバーン国際ピアノコンクールにて優勝した辻井伸行さんの登場です。辻井さんは、指揮者である佐渡裕さんに手を引かれて登場。そして、演奏開始。本当に目が見えないのか、疑問に思うほど、堂々とした素晴らしい演奏でした。弾かない最中は、身体を前後に振っていたのですが、あれは独特のリズムの取り方、なのでしょうか。

 演奏終了後、会場が割れんばかりの大拍手。それに応えて、再び、佐渡さんが辻井さんの手を曳いて登場。アンコール演奏を行ってくれました。佐渡さんは指揮台に座りながら、じっと聴いており、BBCの団員達も、何だか楽しそうに彼の演奏を聴いている感じでした。何回かカーテンコールを行いましたが、辻井さんの手を掲げる佐渡さんの姿は、本当に辻井さんのことが愛おしくてたまらない感じが出ていたような気がします。

 20分間の休憩後、最後は、「アントニン・ドヴォルザーク:交響曲第9番『新世界より』ホ短調作品95」。これも「家路」のフレーズなどで有名な曲です。その有名なフレーズは、第2楽章にあります。第3楽章のスケルツォは、ベートーヴェン第九の第2楽章を思い出させてくれました。また、第4楽章には、それまでの3楽章のフレーズが出てきて、面白みを与えています。

 演奏後、場内は拍手と歓声でいっぱいでした。さすが、佐渡裕さんでした。最後のアンコールは、「スラブ舞曲」でした。これもまた、激しくて楽しい曲でした。終わったのは、22時近かったのですが、沢山、感動を与えてもらった演奏会でした。こうやって、良い音楽に身を預けるのも、リラックス方法としては良いと思われます。
 

 今回は、昨日の演奏会で、多少のハプニングがありましたので、それも含めて、演奏会の話を致しました。次回は、炎症に対して、クスリを使うという事が、その後、どういう結果を生むのか、ということについて、お話ししていきたいと思っています。


 では、また。Dr.JINでした。


スポンサーサイト

テーマ : 音楽のある生活
ジャンル : 音楽

tag : 演奏会 佐渡裕 辻井伸行

コメント

Secret

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

プロフィール

歌い人

Author:歌い人
Dr.JINです。主に、小児科や内科を診ている医師ですが、日常の診療で、薬だけを使うやり方に少々疑問を持っています。

そこで、今回、私自身がお勧めできるような健康情報、例えば、栄養の取り方や日常の過ごし方などを発信していこうと思います。

統合医療・予防医学・アンチエイジング・栄養・ダイエット。
他に、禁煙や医療問題情報などなど、お楽しみに。

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング
TopsyのRetweetボタン
お手数ですが、数字の書いてあるボタンを押して、その後出てくるウェブぺージの「tweet」ボタンを押して頂きますようお願いします。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。